富士地区労働者福祉協議会・ライフサポートセンター岳南事務所オフィシャルサイト

富士地区労福協 ライフサポートセンター岳南事務所

お問い合わせ富士地区労福協 ライフサポートセンター岳南事務所

│富士地区労福協 ライフサポートセンター岳南事務所 会長あいさつ

富士地区労福協 会長あいさつ


富士地区労福協のホームページをご覧頂きありがとうございます。

2015年度 富士地区労福協総会を7月2日(木)に開催し2015年度の活動を満場一致で承認されました。
メインスローガンに「連帯・協同でつくる安心・共生の福祉社会をつくろう」を掲げ「地域に根ざした顔の見える自主福祉運動」に15年度も取り組んでいきます。
さて、国内景気は経済対策効果や米国景気の回復などを背景に緩やかに回復し、輸出産業を中心に、円安効果、原油価格の下落により過去最高益の更新している企業もありますが、個人消費を中心とした内需の落ち込みが大きく、二極化が進んでいます。
このような状況下において労福協は勤労者が活き活きと安心して暮らせる社会の実現に向けて地域勤労者の自主福祉活動を展開していく事が使命となります。
こういう時こそ、労福協の原点に立ち返る事が重要です。
富士地域活動拠点「ライフサポートセンター岳南事務所」での「暮らし何でも相談」には多くの方が直接相談に来ます。
ライフサポートセンターの役割は、すべての働く人の拠り所として頼りになる存在でなければなりません。
地域住民に近いところで、さまざまな生活上の問題をワンストップで解決することが、「ライフサポート」の事業の核心です。そして、労福協・連合・事業団体・NPO・退福協等々のネットワークを広げながら、生涯にわたって働く人達その家族の暮らしをサポートする態勢を造っていかなければなりません。富士地区労福協として勤労者福祉事業・文化・研修・教宣活動のさらなる充実を図るためにも、もう一度、原点に立ち返り富士市の自主福祉運動の歴史を伝承し、引き継がれていくことが、労働者福祉運動につながります。
また、2014年度に立ち上げた「フードバンクふじのくに」支援活動も各会員における防災備蓄食料の提供や、各種イベントでのフードドライブの展開等、食料品の寄贈に関する取り組みを積極的に展開します。
時代の環境は刻々と変化しますが、協同組合精神を象徴するスローガンであります。「ひとりは万人のために、万人はひとりのために」にあります。
勤労者の幸せのために、連帯・協同で安心・共生の福祉社会をつくりましょう!!



130731富士市退職者CS1_03.gif130731富士市退職者CS1_03.gif
katyou.gifkatyou.gif
130731富士市退職者CS1_05.gif130731富士市退職者CS1_05.gif
活動のご案内_14.gif活動のご案内_14.gif
130731富士市退職者CS1_06.gif130731富士市退職者CS1_06.gif
行政ボタン.gif行政ボタン.gif
130731富士市退職者CS1_07.gif130731富士市退職者CS1_07.gif
130731富士市退職者CS1_08.gif130731富士市退職者CS1_08.gif
130731富士市退職者CS1_09.gif130731富士市退職者CS1_09.gif
130731富士市退職者CS1_10.gif130731富士市退職者CS1_10.gif